ericoのときめき英会話*

毎日ちょっとためになる♪ 役に立つ英語表現やティップスを書いています。

【映画】Julie & Julia

こんにちは。Ericoです*

今回は、ブログを始めたきっかけとなった映画を紹介します。

 

Julie & Julia

f:id:ericomama:20160926174824j:plain

ニューヨークに住む女性(Julie)が、過去に存在したフランスの家庭料理の専門家(Julia)の料理本を元に毎日フランス料理を作り、その様子をブログにアップしていくという、実話の物語です。

 

料理初心者に、こんな難しそうな料理作れんでしょ!とつっこみを入れつつも、毎日めげずに作り続ける主人公を応援したくなります。

524のレシピを完成させる上で、ブログに本音をぶつけることが支えになったんじゃろうね〜〜。こんな風に順調にブログ読者増えたらいいな 笑

 

とにかく、よだれが出そうなフランス料理がたくさん出てくるので、食いしん坊な人はぜひ見てみてください*

 

↓↓↓一番食べたいの、これ。ブフ・ブルギニョン(仏Bœuf Bourguignon)

f:id:ericomama:20160926184837j:plain

Today's Quotes 

  • You can always put it together. You're alone in the kitchen. Who's to see?

(いつでもこうやって直せばいいのよ。キッチンにはあなたしかいないんだもの、だーれも見てないわ♪)
➡Juliaがテレビ出演したとき。こぼれたかけらを元に戻してフライ返しでぎゅうぎゅう。フライパン返しが苦手な私には、慰めの言葉でした 笑。

  • Are you back? Please be back.

(戻ってきたの?帰ってきて。)
➡家出した夫が玄関先に戻ってきたのに遭遇して、Julieが一言。間髪入れずに Please~とくるところにけなげさを感じます♡

  • I could write a blog. I have thoughts.

(ブログを書くわ。私にだってアイディアくらいあるもん。) 
➡Julieが仁王立ちになって旦那に包丁をつきつけながら。怖いっす。。

  • You are the butter to my bread, and the breath to my life. I love you darling girl.

(パンにとってのバター、命にとっての呼吸。君は僕にとってそんな存在だ。愛してるよ)
➡日本語にするとなんだか粋さが伝わりませんが 汗。
Julieの旦那様Paulが、友人達の前で妻への愛を語るシーンにて。いくつになっても"Darling Girl"なんて言われたい♡

  • Paul :What is it that you really like to do? / Julia :EAT !!

(Paul:君が好きでたまらないことって何? / Julia:食べることよ!!)
➡私もこないだまでこう答えてました◎超共感 笑。


That's all for today♪

Bon Appetit :)

f:id:ericomama:20160926185307j:plain 

広告を非表示にする